ローカルイメージ
トップページ > 中学生のみなさんへ > 健康福祉コースQ&A

○健康福祉コースQ&A



1.健康福祉コースとは

○健康福祉コースとは

あなたとあなたの大切な人を守る心を育てるコース

〜福祉や健康・スポーツについて学習する〜


○健康福祉コースの三本柱

1)健康や福祉についての「こころ」の育成
2)健康や福祉についての「知識」や 「実技・実習」
3)健康や福祉に関する施設での「体験学習」や「交流」

○健康福祉コースの特徴
  • カリキュラムは、必履修科目の10単位だけ一般コースと異なる。 それ以外の科目は基本的に一般コースと共通。

    ☆大学・短大・専門学校等への進学を目指すコース☆

    3年間で、健康福祉分野のスペシャリストへの道を探り、その方面への進学を目指すことを目的としたコースですが、健康福祉分野以外の進路へも柔軟に進めるカリキュラムになっています。 結果的に、多くの生徒が健康福祉分野への進学を果たしています。
  • 専門的な授業や、実習、福祉施設訪問などの活動を通して、同じ目標を持つ仲間と、進路や学校生活について、しっかりと考える。
  • 医療・看護・福祉・栄養・幼児教育など、それぞれの進路に向かって学ぶ。
  • 基礎的な学力を土台として、専門科目も学ぶ。
  • 福祉や健康、スポーツについて学ぶ普通科のコース。

☆平成26年度健康福祉コース卒業生(39名)の進路先☆
4年制大学(25名) 短期大学(6名) 専門学校(8名)


○健康福祉コースのカリキュラム
※表中の○数字は単位数です。  下線で表示されている科目は健康福祉科目と福祉科目です。
1年生 2年生 3年生
<必履修科目>
国語総合C
数学TB
数学AA
化学基礎A
物理基礎A
体育B
保健@
芸術TA
(音楽T・美術T
・書道Tから1つ)
コミュニケーション英語TC
社会と情報A
家庭基礎A
健康福祉基礎A
総合的な学習@
LHR@
<必履修科目>
現代文BA
日本史AA
世界史AA
生物基礎A
体育B
保健@
コミュニケーション英語UB
英語表現TA
健康福祉科学A
健康栄養学A
こころとからだの理解A

総合的な学習@
LHR@

<選択必修科目A>
次の中のいずれかを選択
・古典AA
・数学BA

<選択科目C>
次の中から4単位分を選択

・表現基礎A
・地理AA
・数学UC
・化学C
・器楽A
・クラフトデザインA
・創作書道A
・語法理解A
・英語会話A

<必履修科目>
現代文BA
現代社会A
体育A
コミュニケーション英語VC
健康福祉演習A

<選択必修科目A>
次の中のいずれかを選択
・現代文AA
・数学VA

<選択科目G>
次の中から8単位分を選択

・古典BC
・日本史BC
・世界史BC
・地理BC
・英語表現UC
・数学VC(選択必修科目「数学VA」と合わせて選択する)
・物理C(選択科目「物理A」と合わせて選択する)
・化学C
・生物C(選択科目「生物A」と合わせて選択する)
<選択科目>
次の中から必要に応じて7単位分まで選択可能

・国語表現A
・国語研究A
・倫理A
・政治・経済A
・数学総合A
・数学研究A
・物理A
・発展化学A
・生物A
・地学基礎A
・スポーツUA
・演奏研究A
・ビジュアルデザインA
・素描A
・実用書道A
・英語表現UC
・語法読解A
・フードデザインA
・ファッション造形基礎A
・情報の科学A
・現代医療A
・幼児教育研究A
・健康とスポーツA
・からだの科学A
・福祉実習@
☆カリキュラムの細かな点については、多少変更・改定となる場合があります。



○健康福祉関連科目の授業内容
科目名 科目内容
健康福祉基礎
(必修科目)
社会福祉の知識修得・体験や、健康・安全について理解を深める。
健康福祉科学
(必修科目)
社会福祉援助活動の基礎を学ぶとともに、健康増進保持や体力向上のためのトレーニングについて学ぶ。
健康栄養学
(必修科目)
健康と栄養の関係性を学ぶ。
健康福祉演習
(必修科目)
「子どもの発達」「発達障がい」「高齢者の病気や介護」「貧困・失業問題」など、福祉にかかわるさまざまな問題を学ぶ。
こころとからだの理解
(必修科目)
対人援助やからだの基本的な仕組みを学習する。
現代医療
(選択科目)
医療問題の授業を聞いたり小論文演習などを行う。
(看護・医療系進学者が多い)。
幼児教育研究
(選択科目)
子どもの発達、児童文化、子どもと音楽等について学ぶ。
(保育士・幼稚園教諭を目指す生徒が多い)
からだの科学
(選択科目)
ひとのからだの仕組みや健康・病気について学ぶ。
健康とスポーツ
(選択科目)
生涯スポーツの実際や意義を学ぶ。
福祉実習
(選択科目)
病院・福祉施設等での4日間の実習と成果発表会等。



○卒業生の主な進路先○

※指定校推薦は一般コースと同じように希望できます。

【 大学 】
 東京学芸大学教育学部、中央大学商学部、法政大学法学部、明治学院大学法学部、明治学院大学社会学部、専修大学経済学部、専修大学商学部、 大妻女子大学人間関係学部、桜美林大学芸術文化部、桜美林大学リベラルアーツ学群、神奈川大学経営学部、 鎌倉女子大学家政学部、鎌倉女子大学教育学部、関東学院大学教育学部、大正大学人間学部、帝京平成大学ヒューマンケア学部、 田園調布大学人間福祉学部、東京未来大学こども心理学部、日本女子体育大学体育学部、日本体育大学体育学部、 文教大学情報学部、文教大学国際学部、武蔵野大学人間科学部、明星大学人文学部、横浜創英大学こども教育学部

【短期大学】
 駒沢女子短期大学、東海大学医療技術短期大学看護学科、鎌倉女子大学短期大学部、洗足こども短期大学幼児教育保育科、 鶴見大学短期大学部歯科衛生科、横浜女子短期大学保育学科、湘南短期大学看護学科、 横浜創英短期大学看護学科、神奈川歯科大学短期大学部、東京立正短期大学

【専門学校】
 県立よこはま看護専門学校、横浜医療センター付属横浜看護学校看護科、県立衛生看護専門学校第一看護学科、 横浜市病院協会看護専門学校、聖ヶ丘教育福祉専門学校第一幼稚園教員・保育士養成、 東京福祉専門学校社会福祉士専攻、町田福祉保育専門学校、東京誠心調理師専門学校 服部栄養専門学校栄養士科、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校作業療法士科、日本外国語専門学校

【就職等】
 神奈川県警察


2.健康福祉コース Q&A

健康福祉コースとは

Q1.健康福祉コースって何を勉強するところですか?

A:横浜南陵高校の健康福祉コースは、一般コースと共通の授業を受けながらも、限られた時間の中で、自分や家族、 社会の支援を必要とする人々の健康と幸せを考え、学び、実習しているところです。
以前1年生で行ったアンケートの中に、次のようなことが書いてありました。
◎「健康福祉コースの授業は一般コースとまったく違い、一般コースとの関わりもなく、勉強する場所も違うと思っていました。 また、HPに心肺蘇生法の様子が出ていたので、毎日そういうことばかりやり、福祉棟という別棟が教室だと思っていました」
実際は、一般コースと共通の授業がほとんどで、一般コースの隣の教室で勉強しますし、部活動も同じ部活に入部すれば、同じ活動をします。

授業風景
     真剣に授業を受ける生徒たち

Q2.どのような生徒が受験していますか?

A:やはり人の健康について学び、福祉に関心がある人が多く受験しています。そういう生徒が高校生活3年間の中で、力をつけ大きく成長し、 大学や短大、専門学校へ進学しています。しかし、中には、健康福祉についてよくわからず入学し、高校で学ぶうちに健康や福祉に興味・関心をもつようになる生徒もいます。


2.授業について

Q1. 健康福祉コースの授業ってどんな内容ですか?

A:次の科目が健康福祉コース独自の必修科目です。全て週2時間の授業です。
1年生:「健康福祉基礎」
2年生:「健康福祉科学」「健康栄養学」「こころとからだの理解」
3年生:「健康福祉演習」
 これらの科目を詳しく紹介します。

○1年生「健康福祉基礎」○
<福祉の考え方と現状>
「社会福祉の理念と歴史」「介護保険」「人間関係論」
<擬似体験>
「車いす介助の方法(座学)」「車いす体験」「高齢者体験」
<運動不足と健康障害>
「骨」「筋肉」「筋肉痛」「肉離れ」「骨粗鬆症」「変形性膝関節症」
「スポーツと栄養」「スポーツ傷害」
「認知症」「老化」「高齢者と老化」「高齢者と老人」「嚥下障害(実験)」「視覚障害とは」
<リラックス法>
「心の安定を科学する」
<手話>
<施設訪問など>
港南台ひの特別支援学校訪問、ライトセンター訪問、障碍(がい)のある方・施設職員の方による講演なども行っています

手話授業
     手話授業の様子


○2年生「健康福祉科学」○
<介護>
○介護の基本(座学)
○介護の実習
「入浴介助」「排泄介助」「着脱介助」
「ベッドメーキング」「車いす介助」「食事介助」
「ベッド上での移動」
☆毎年、専門学校の先生が教えてくれています。
☆実習は2時間続きです。
<心肺蘇生法など>
○蘇生の実習
※内容は心肺蘇生法に限定ではありません!
<テーピング゙>
○テーピング実習(外部講師による授業です)
☆毎年、専門学校の先生が教えてくれています。
<その他>
保育園訪問、老人保健施設訪問、特別支援学校交流 なども行います。

手話授業
     ベッドメーキングの実習


○2年生「こころとからだの理解」 ○
対人援助やからだの基本的な仕組みを学習します。


○2年生「健康栄養学」○
 栄養学について学び、健康的な食生活を実践する授業です。
食文化や現代の食生活の問題点なども考えます。
・現代の食生活
・食文化
・調理の基礎
・ライフステージと栄養
・運動と栄養
・食品の安全性
・調査・研究・発表
☆調理実習・実験は班に分かれて行います

調理実習2 調理実習2
                 調理実習の様子


○3年生「健康福祉演習」○
<人の幼少期・老年期>
胎児期〜乳幼児期
@身体・心の発達
A親のしつけ
B家族支援のあり方
老年期
@老年期の心理
A廃用症候群
B認知症のメカニズム・ケア
C介護保険
<大規模実験>
(過去の例)行動分析学、有名な塩比較、味覚実験
<貧困>
○貧困の実態・支援(座学)
@実態 A年金制度 B支援制度 C社会保障 D介護保険
<生徒の興味あるテーマとまとめ学習>
○担当が決めた内容(座学)
○生徒の課題研究(各自の作業時間)
<その他>
横浜市立ろう特別支援学校との交流授業(訪問します)

健康福祉演習
        塩の実験
健康福祉演習
      外部講師の先生の授業

Q2.一般コースと健康福祉コースのちがいは何ですか?

A:ほとんどちがいはありません。共通の授業では一般コースの生徒と一緒に授業をうけることもあります。 部活動や学校行事も一緒におこないます。ただ受ける授業にはすこしちがいがあります。

<1年生>
 国・数・理・英・芸術・体・情報は同じです。
 異なる点
 健康福祉コースは「健康福祉基礎」(2単位)と「家庭基礎」(2単位)、
 一般コースは「地理A」(2単位)と「家庭総合」(2単位)です。

<2年生>
 国・社・理・英・芸術・体は同じです 。
 異なる点
 健康福祉コースは「健康福祉科学」「健康栄養学」「こころとからだの理解」、
 一般コースは「数学U」(2単位)「家庭総合」(2単位)
(ただし、健康福祉コースの生徒も「数学U」は選択科目で選択することができます)

<3年生>
 国・社・英・体は同じです
 異なる点
 健康福祉コースは「健康福祉演習」(2単位)が必修。
 一般コースは2単位分を選択科目の中から選ぶ。

2つのコース(一般コース・健康福祉コース)のカリキュラム表も参考にしてください。




3.実習について

Q1.健康福祉コースの実習ってどんな内容ですか?


A: 校内の授業で行う実技・実習は次の通りです。
手話、リラクゼーション、介護実習、トレーニング学、心肺蘇生法、リハビリに関する体験、栄養学に関する調理実習などです。


Q2.実習場所はどこですか?

A: 3年生の選択科目『福祉実習』で、過去に実習を受け入れてくださった校外施設は次の通りです。
横浜市南部療育センター 横浜市立港南台保育園 洋光台保育園 上大岡ゆう保育園
特別養護老人ホーム「野庭苑」 横浜市立下野庭小学校 
県立横浜南養護学校(こども医療センター)  オービックシーガル 戸塚病院 日下地域ケアプラザ 高風こども園 
久良岐乳児院 シーダひのき工房  港南中央地域活動ホーム そよかぜの家


Q3.授業に関連した調査訪問先はどこですか?

A: 3年生の『健康福祉演習』の調査訪問先は次の通りです。
港南区社会福祉協議会 県立ひばりが丘学園 港南中央地域ケアプラザ 特別養護老人ホーム「野庭苑」・「すずかけの郷」  介護老人保健施設「港南あおぞら」・「オアシス」 地域作業所「ハニービー」  障害者グループホーム 知的障害者更正施設シーダひのき工房



4.進路について

Q1.何か資格は取れますか?

A: 次の授業を受けると取れる資格があります。ただし、ホームヘルパーや介護福祉士などの資格を取ることはできません。
「幼児教育研究」−全国高等学校家庭科保育技術検定
「フードデザイン」−全国高等学校家庭科食物調理技術検定
「夏季校外講座」−日本赤十字社救急法救急員
「夏季校内講座『幼児安全法』」ー日本赤十字社幼児安全法指導員

幼児安全法講習風景1 幼児安全法講習風景2
               『幼児安全法』講習風景

Q2.卒業後はどのような進路に進めますか?

A: 
卒業生の進路先に載せてあるように、多くの生徒が福祉・看護・医療・健康などの分野に進学しています。


Q3.指定校推薦を受けることができますか?

A: はい、できます。本校への指定校は、一般コース・健康福祉コースの区別はありません。ただし、大学等の側で、「大学側から指定された科目を 学んでいないと受験できない」という条件はコースに関係なくあります。例えば、「数学V」を学んでいないと理工系の推薦が受けられないなどです。

Q4.進路に関して健康福祉コースのメリットはありますか?

A: はい、あります。
・健康と福祉について幅広く学べます。
・福祉施設訪問などを通して自分の適性を知ることができ、将来の進路が明確になります。
・最近多くの大学等で取り入れている指定校推薦・公募推薦・AO入試・一芸入試などにおいて健康福祉分野の受験の際には、 明確な志望動機をアピールすることができます。


Q5.健康福祉コースに入ったら絶対に福祉系の進路に進まなければいけませんか?

A: いいえ。「Q2.卒業後はどのような進路に進めますか?」を見れば分かると思います。 福祉や栄養、幼児教育・保育や看護・リハビリ、心理など将来人と関わる職業に就く方面に進学する生徒が多いことは事実ですが、 経済・社会・理学・工業・美術系にも進んでいます。

Q6.健康福祉コースは1クラスだけだと思いますが、クラスの雰囲気はどうですか?

A: 2年間はクラス替えがありませんので、クラスの結束は強いです。 また、やはり将来の進路に保育士・看護師・理学療法士・介護福祉士・社会福祉士・管理栄養士などを志望する生徒が多いことから、 毎年女子の人数のほうが多いです。

5.在校生の声